ピアノレッスン

たくさんの目標でやる気UP‼︎

2021年4月にオープンした大泉学園のピアノ教室、ドレミレッスン音楽教室の松岡亜紀子です♪

ドレミレッスン音楽教室は、Livinオズ大泉や東映撮影所の近くで、東映撮影所のバス停からも徒歩3分なので、大泉学園、石神井公園方面以外でも、和光市方面などからも通える場所にあります。

なるべくたくさん目標を持とう‼︎

前に連弾曲集のことを書いたブログの『目標があるから頑張れる』のところで書いた、『小さな目標』『中ぐらいの目標』『大きな目標』。

連弾曲集のことを書いたブログはこちら👇

ピアノ超初心者でも発表会で一目置かれちゃう楽しい連弾曲集🎹

今日は、この目標について書きたいと思います😊

どんなことでも、目標があるとそれに向かって多かれ少なかれ頑張れると思います💪✨

確かに目標があると頑張れるかもしれないけど、目標に大きさがあるの?と思うかもしれませんが、あるんですよ〜。

大きな目標

駐車場の花壇に作ったステージ

大きな目標は、発表会やコンクールです🎹✨

人前で弾くことで、いつもより深く曲について考えたり、暗譜をしたり。

曲とじっくり向き合う時間が増えることによって、普段よりも上達のスピードが早くなることも多いです😊

上の写真は、駐車場の花壇の中に作ったステージです😆ってことは、大きな目標ですね😆ステージらしくするために、音符を飾ってみました♬

中ぐらいの目標』

これは、曲が合格になることです💮合格するのは誰でも嬉しいですよね〜🎼

曲によっては、すぐには合格できるもの、そうでないものがあるので、すぐに合格できそうなものをレッスンに取り入れると、合格する回数が増えて嬉しさUP♪

小さな目標』

私が一番大切だと思うのは、この『小さな目標』。これは、毎回のレッスンの中での目標のことです。

そんな毎回毎回目標なんてある?と、思うかもしれませんが、

ズバリ、あります👍

どんなことだって目標にしちゃうんです。ハードルを少し下げて、少し頑張ればクリアできそうなことをレッスンの中で、たくさん目標にするんです♪

この『少し』というのが大事です✨

うんと下げてしまうと、目標を達成した時の達成感があまり感じられないし、ハードルが高いと、クリア出来ないことも出てくるかもしれない😆

なので、ちょっとハードルが高かったかな?と思った時は、その目標を少しの間休憩することもたまにはあります。

小さな目標』はカードを使って目で確認👀

『小さな目標』をレッスン内でたくさん作ろうと思った時、どうやって目標を作ろうかな〜?って考えました。

よく考えてみたら、その時すでにレッスン内に小さな目標がたくさんあったのです😲

レッスンでやっていた音型カードやリズム打ちなどは、私の手帳に書いて、私だけでそれぞれの生徒さんの成長を見守っていたのです。

「そうだ💡これをこのままカードにしたら、『小さな目標』が沢山できるかも‼︎』」

と思って作ったのが、チャレンジカードとタイムトライアルカードでした⏰

チャレンジカード

チャレンジカードに書く時に使うカード類

チャレンジカードは、何かをレッスンでやった時に、シールを貼ったり日にちを書き込んだりするカードです♬

「けんばん歩き」も、チャレンジカードに書けちゃいます‼️

「けんばん歩き」についてのブログはこちらです👇

「けんばん歩き」で、音もいい指も覚えちゃおう‼︎

ちびっ子ちゃんの場合、「けんばん歩き」だけで、『ドレミファソラシ』、『ABCDEFG』、『イロハニホヘト』3つの目標になっちゃうかもです😆

初心者の生徒さんのチャレンジカードの例

  • みぎてひどりてたいそう
  • ゆびのたいそう
  • ゆびじゃんけん
  • ドレミファソラシドうたう
  • ステップアップダウン2つずつ
  • リズムうち(まねっこ)
  • けんばんあるき『ラシドレミファソ』

人それぞれ少しずつ違うけど、これだけあります🎼

慣れてきたら、これにアプリでのゲームなども加わって、もっとたくさん❣️

チャレンジカードに書けることいろいろ

初心者さんの例で挙げたもの以外でも、たくさんチャレンジすることはあります♬

  • ステップアップダウン3つずつ
  • スキップアップダウン3つずつ
  • チョキチョキドレミ、グーグーファソラシ
  • チョキチョキCDF、グーグーFGAB
  • 音型カード1分チャレンジ
  • 和音カード1分チャレンジ
  • クレ読み1分チャレンジ
  • カデンツ
  • アルファベットを見て音を弾く
  • コードネームを見て和音を弾く(基本形)
  • コードネームを見て和音を弾く(展開形)
  • コードネームを見てアルペジオを弾く(右手)
  • コードネームを見てアルペジオを弾く(左手)
  • 五度圏(5指)♯
  • 五度圏(5指)♭
  • 全調トレーニング
  • フラッシュノートダービー
  • おとあてキッズ

などなど。まだまだたくさんありますよ〜🎹そして現在、新しいゲームを考案中です💡

音型カードは「ド〜ミ」、「ド〜ソ」など、いろいろなタイプのカードを用意してあるので、それぞれの進度によって使うカードは変わります。

そして、その時ちょっと頑張れば読めそうな枚数を目標にして、目標が達成できたら枚数を記入できます🎼

全部読むのは大変なので、時間設定を1分にすることで、生徒さんへの負担を少なくしています😊

タイムトライアルカード

タイムトライアルカードに書く時に使うカード

タイムトライアルカードは、時間を計って記録するカードです。

音符を覚えたての生徒さんは「ド」から始まる9枚のカードを何秒で読めるかな?ってことに、まずはチャレンジ♪

「ド」が慣れたら「レ」、それも慣れたら「ミ」と、1音ずつ増やして、音を読むことに慣れてもらいます♪

それぞれ10回時間を計ったら、晴れて卒業〜💮

その他に時間を計るのは

  • ステップアップダウン3つずつ
  • ステップアップダウン4つずつ
  • コードネームを見て和音を弾く(展開形)
  • コードネームを見てアルペジオを弾く
  • ドレミ観覧車

などなど。チャレンジカードで慣れたものをタイムトライアルカードを使ってレベルアップする時に、よく使います⏰

チャレンジカードとタイムトライアルカードを使うようになってから、私自身も、生徒さんのことを一目でいろいろ確認しやすくなって、作ってよかったな〜って思っています👀

ドレミレッスン音楽教室では、レッスン内で小さな目標をたくさん作ることで、なるべくたくさんの達成感を感じてもらうよう、レッスンの工夫をしています。

最後まで読んでくださってありがとうございます♪

無料体験レッスンはこちらから

1ヶ月お試しコースはこちらから

-ピアノレッスン
-, ,

© 2022 ドレミレッスン音楽教室 〜音を楽しむ大泉学園の個人ピアノ教室〜